おすすめ

今日のにっこりひまわり

あすは、夏祭り〔5210〕2017/07/21

あすは、夏祭り

2017年7月21日(金)晴れ

夏。

ですが、今朝、少しだけ降りました。5時頃でしょうか。それから夜が明け、お日様が照りつける。だから少し水分が多い蒸し蒸しする大気。ああ。今日も暑いぞ。善き哉善き哉。

 

ここは今朝、4時半前の潮江天満宮。早朝の、静かな静かな天神様。

ここは楼門。嘉永六年(1853年)に建立されたという、立派な楼門。翌年末の安政南海地震にはビクともしなかった、楼門。

その楼門をくぐると、参道の左側に、一列に並ぶ提灯。内側から電灯で照らされ、幻想的に浮かび上がる提灯の列。普段は、ありません。

そう。明日、7月22日は潮江天満宮の夏祭り。こないだ賑やかに行われたのは夏越し(なごし)の祭りで、明日は夏祭り。ややこしいけど、違います。

夏越しの祭りは、暑い夏を健康に元気よく過ごせるよう、祈願するお祭り。

夏祭りは違うのか?

潮江天満宮の夏祭りは、万燈祈願の夏祭り。万燈祈願。まんどうきがん。愛知県刈谷市の万燈祭が有名ですが、あれは秋葉神社の火伏せを主体とするお祭り。天満宮の万燈祈願は、たくさんの提灯を燈し、やはり健康で幸せな暮らしを祈るのか。

お寺さんとかで行われる万燈会は、懺悔、報恩のために燈りをともして供養する、という意味らしいので、少し違うかも。

まあ、神社のお祭りだ。

夏越しの祭り、輪抜け様ほどではないが、露店が並び、楽しいお祭り。小学生の奉納相撲も行われます。万燈祈願なので、輪抜け様のとにきはなかった提灯があのように並ぶ夏祭り。

夜の神社、参道に浮かぶ提灯、そして絵馬。心の奥底の記憶を蘇らせるような、遠い遠い記憶が滲み出てくるような、そんな風景。

 

井上陽水の「夏祭り」は、そんな遠い遥かな記憶を呼び覚ます、儚く切ない歌。儚く切ない、夏祭り。

 

十年は ひと昔 ん~ 暑い夏

おまつりは ふた昔 ん~ 蝉の声

思わず よみがえる 夏の日が

ああ今日は おまつり ん~空も あざやか

 

綿菓子を ほおばれば ん~ すぐとける

友達も みんないる ん~ 笑い声

道には 並ぶ店 おもちゃ売り

ああ今日は おまつり ん~何を 買おうか

 

陽水の描く夏祭りの、なんと、的を得ていることか。心に染み入ることか。

やはり、僕らの心に浮かぶ夏祭りは、チューブの夏祭りではなくて陽水の夏祭り。

 

十年は ひと昔 ん~ 暑い夏

ふるさとは ふた昔 ん~ 夏まつり


←前日の日記2017年07月の日記

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

フッターアクセスメニュー