1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

咲き始めたキンモクセイの、にほひ〔6769〕2021/10/27

咲き始めたキンモクセイの、にほひ

2021年10月27日(水)晴れ!

昨日からでした。昨日、本社棟前の大きなキンモクセイから、やっと匂いが漂い始めました。もう11月になってしまうではないか、と心配してたけど、なんとか10月中に開花が始まったキンモクセイ。

まだ、満開には程遠いけど、たしかに、あの素敵な香りが匂い始めています。やっと、秋深し。

 

匂い。

こういう場合は「匂い」と書き、ネガティブなニオイの場合は「臭い」と書く。漂ってるのはキンモクセイの「匂い」。

「におい」は「にほひ」。いろいろ調べてみるけど、「にほひ」は、あまりネガティブな表現には使われてないみたい。悪臭のことを「臭い」と書いて「におい」と読むのは、一般的とは言えなかったみたい。いや、詳しく調べた訳ではないので、間違うちゅうかも知れません。

 

で、僕の好きな「大言海」で調べてみると、「にほひ」の項目に「匂い」はあるけど「臭い」はありません。たぶん、「臭い」は「にほひ」ではないのだ。「くさい」のだ。僕の想像では。

明治の巨人、大槻文彦先生が「大言海」で著した「にほひ」を、紹介してみよう。キンモクセイのにほひの中。カタカナで書かれてるけども、めんどくさいので、ひらがなで書きます。

おう。「面倒臭い」は「めんどくさい」で「臭い」は「くさい」だね。さて。

 

にほひ[匂]

(1)にほふこと。気色の映ゆること。少女などの美しく、気色のほのめき立ちて見ゆること。

(2)色のうつくしく映ゆること。色の光ること。艶。うつくしき艶なり。

(3)香。かをり。香気。薫。

(4)ひかり。威光。

(5)鍛ひに因りて、刀の刃の膚に、研ぎ上げて生ずる艶ある文理。錵に映えて立つもの。

(6)襲(かさね)の色目に、紫にほひ、紅にほひ、萌黄にほひと云ふは、濃き色の上重に、薄き色を取り合はするにて、余韻のひびきたる心なり。

(7)鎧の縅毛に云ふは、上の方は色濃く、下の方次第に薄く、果は白くなるものなり。萌葱匂など、皆然り。裾濃の反対なるもの。

 

いかがだろうか。かつての日本では、「にほひ」が意味することがいかに多かったことか。今はこの(3)の意味にしか使われることがないのは、ちと、もったいないねー。

そう言えば万葉集に、

青丹よし 奈良の都は咲く花の にほふがごとく 今盛りなり

とあるけども、この「にほふ」のニュアンスって、花の香りだけではなくって、上に書いたいろんな「にほふ」の意味を連想させるようなものだったのか、と、思ってしまいました。僕らの「匂い」と古代人の「にほひ」に対する感覚は、違ってたんでしょうねえ、きっと。たぶん。

 

そんな訳で、本社棟前のキンモクセイ。香りだけでなく、美しく青空に映える色、そして秋の光の美しさ、全部ひっくるめて、匂っています。


←前日の日記2021年10月の日記

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter