おすすめ

今日のにっこりひまわり

巨大地震、巨大津波〔2887〕2011/03/12

巨大地震、巨大津波

2011年3月12日(土)曇り

とんでもないことになりました。

東北を中心とする巨大地震被害は、予想を遥かに超えております。南海地震は、必ずやって来る訳で、その対応についてはずうっと言われ続けてきたことではあります。

まだ、詳しい被害状況もわからない段階ですが、ひとつ言えることは、地震と津波の恐ろしさは、今まで我々が想像しちょったレベルではまったくない、ということ。実際に見てみるまで、本当の津波の恐ろしさを、我々は知らんかった、ということ。

遠くはなれた高知では、「こわいねえ」と言いながらそれほどの影響を受けている訳ではありませんが、津波は家の前までやってきました。

写真は、鏡川河口、九反田橋から浦戸湾方面を眺めたもの。昨夜は、この鏡川河口では、水が激しい勢いで逆流しておりました。そしてこの写真では、木の破片などが湾の方に向こうて、確実に、いつもとは違う流れ方で流れていきよります。

このにっこりでは、上岡八幡宮の安政地震の碑や、南国の琴平山、赤岡、夜須、宇佐の碑などをご紹介してきました。どれも、津波の恐ろしさを、具体的な災害状況に基づいて記述しております。その先人の想いを、我々はどれだけ真剣に受け止めてきたでしょうか。

今回の大災害を目の当たりにして、本当に、真剣に、過去の事例を検証し、対策を考えんといかんと思いました。とにかく、何が何でも逃げることが大切で、決して油断して戻ったりしてはならない、振り向いてはならないという、絶対的な鉄則。


←前日の日記2011年03月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー