おすすめ

今日のにっこりひまわり

中村、四ケ村溝の水車〔358〕2004/04/08

中村、四ケ村溝の水車

2004年4月8日(木)晴れ

今朝は出張で中村。四万十川河口の古い町でございます。いつもは、有名な「赤鉄橋」から右岸を北上、佐田の沈下橋まで行って帰ってくるのがお決まりですが、今朝は少し趣向を変えて見ました。

四万十川から少し東へ行ったところを、四万十川と中村の町並みを挟むように流れる「後川(うしろがわ)」という川があります。四万十川の支流ですね。今朝は、中村市内をたつくった後、後川を渡って「安並(やすなみ)」地区方面を走ってみました。この安並に、「四ケ村溝(しかむらみぞ)の水車」という水車群があります。写真は、その美しい姿。

このにっこりで何度もご紹介しました、藩政期初期の土佐藩の名執政「野中兼山」ゆかりの水車ですね。兼山は、土佐の国中の土木工事を敢行し、港を改修したり農業用水を建設したりしました。この地区でも、後川の麻生に分水目的の井堰を作ったのであります。「秋田」「安並」「佐岡」「古津賀」の4ケ村を灌漑するためにつくられたので、四ケ村溝と呼ばれました。

この溝から水田に水を汲み上げる目的で数多くの水車が設置され、「四ケ村溝(しかむらみぞ)の水車」という名称で親しまれました。役割を終えた今でも、その姿を残し、心落ち着く風情を醸し出しています。

今、丁度田植えの季節。たんぼには水がはられ、早くもカエルの合唱が聞かれるようになりました。今朝の後川界隈は、そんな春ののどかさがあふれちょりました。

この水車をあとにし、後川の土手を、古津賀まで下り、右山(うやま)の南を四万十川まで走って帰ってきました。

これだから出張はやめられません。楽しいですよ。


←前日の日記2004年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー