おすすめ

今日のにっこりひまわり

初めてのフライトと、挑戦する心〔5069〕2017/03/02

初めてのフライトと、挑戦する心

2017年3月2日(木)晴れ

今朝は高知。昨日の最終便でモンて来ました。やっぱし高知は、エイ。
で、その飛行機が高知空港に着陸した後。CAさんのアナウンスが、面白かった。そのフライトの副操縦士さんは、4年間の訓練を終えて、昨夜のその便が初めての本番フライトだったとのこと。これからずうっと、安全を心掛けて空を飛んで参ります、とのメッセージをCAさんが乗客に伝えてくれたんですね。
で、降りる際にコクピット内に居る副操縦士が見えたら、労ってやって欲しい、と。

良いですね。これ。空気感だ。
離陸前にやられるとこちらも緊張しますが、着陸後の話なので、暖かい心で聞きました。良い空気感。

ところで。昨日ご紹介した、愛宕神社の出世の石段。家光の話に乗って、成功させ、出世したのは丸亀藩士の曲垣平九郎。で、ウィキを見ると、その後3人が馬に乗っての上り下りを成功させちゅうとのこと。まず、元仙台藩馬術指南で明治になって曲馬師をやっていた石川清馬が、明治15年に。次に、参謀本部馬丁の岩木利夫が大正14年に。最後は、昭和57年、日本テレビの番組内で、馬術スタントマンの渡辺隆馬が。

岩木利夫さんは、上りは1分で駆け上がり、下りは45分かかった、と言います。下が難しい。
石川清馬さんは、師匠、四戸三平の、愛宕山の石段の上り下りをやり遂げるべし、という遺言を実現したと言われます。
と、言うことは、四戸三平さんは、失敗したのかも知れない。遠野出身の、盛岡藩馬術師範、四戸三平。その技術は素晴らしく、弟子もたくさん居たと、いう。口伝で、文久年間に、上りは成功したが下は失敗したのではないか、と伝えられる。
チャレンジャーでは、ありました。チャレンジャーに失敗はつきものですき。

チャレンジャーと言えば、この写真。

僕は、あんこ、好きです。で、昨日東京で走った後、築地で茂助だんごに寄り、こしあんのおしるこを食べてきました。絶品。そして、おだんご、買って帰ったのであります。一番好きな、こしあんの、だんご。
かき氷にミルク金時とかあるように、ミルクとあんこ、合いますよね、意外と。そこで今朝はチャレンジャー。
茂助だんごのあんこを、牛乳に混ぜて温めてみました。絶対おいしいはずだ。

で。
う〜ん・・・・
まあ、意外にインパクトの少ない飲み物でした。あんこの風味を出そうとすると、結構あんこが必要。砂糖入りのミルクに、少しあんこの風味を加えた味、と、申しましょうか。
いや、まずくはないですよ、決して。まあ。ね。・・・
発想は良いので、これから工夫が必要です、という評価を、先生は下しました。
まあ、チャレンジするのは大切ですきんね。四戸三平さんでも、下りは失敗ちょりますもん。諦めずにチャレンジを続けていくことが、大切です。もちろん技術の裏付けの上にね。


←前日の日記2017年03月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー