おすすめ

今日のにっこりひまわり

嬉しいこと、悲しいこと〔5490〕2018/04/27

嬉しいこと、悲しいこと

2018年4月27日(金)晴れ!

悲しいこと、嬉しいこと。

先日、悲しいニュースが飛び込んできました。あの、鉄人衣笠祥雄さんが逝去されたというニュース。僕をカープファンに引きずり込んだ張本人は、衣笠選手であり、山本浩二選手であった。昭和50年。今から43年前の話。

あの、フルスイング。球界関係者誰もが口を揃える人格者。その人となりに直接触れることができたのは、4年前のことでした。

 

2014年3月12日。広島で、中四国の流通関係団体の総会がありました。その記念講演会の講師が、衣笠祥雄さん。一時間半、僕らをまったく飽きさせることなく喋り続けた衣笠さん。そのお人柄。その野球に対する熱意。感動し、サインまで頂戴して帰ってきました。翌朝ホテルで書いたにっこりひまわりに、その講演の内容などを、感動を抑えきれずに書き綴ってます。あの時は本当にお元気だった。

なぜ、昭和50年、カープは優勝できたのか。

それは、それまでに至る人材獲得と育成に加え、「絶対に優勝するんだ。できるんだ。」という強い意識を選手全員に植え付けたことだったと、衣笠さんがおっしゃいました。

あの講演を聴いた年、カープは優勝できなかった。でも、若手の育成は、ファンにも実感できる程に進んでいました。そして2016年、2017年と、優勝する。その優勝を誰よりも喜んでいたのが衣笠さんだと思う。

 

衣笠さんのサインは「忍耐」。鉄人は、生まれながらの鉄人ではなく、忍耐によって培われた鉄人であった。

 

嬉しいこと。

実は一昨日、私事で恐縮極まりないのでありますが、僕の誕生日でした。もう、齢を重ねることに喜びもなにも感じない年齢ですが・・・

その25日は四万十市へ行っていて、会社には戻れませんでした。で、昨日出社すると、朝、営業事務のYさんからこんなの渡されました。おう。図書カードだ。

本社営業や事務員さんたちがお金を集めて、図書カードをプレゼントしてくれたのであります。こんな嬉しいことは、ないですね。いや、ホント。

気持ちも行動も嬉しいですし、また図書カードというのが、嬉しい。僕が本が好き、というのを皆知っているので、図書カードにしてくれたとのこと。ああ。素晴らしいぞ。本当にありがとうございます。こんなに嬉しいこと、ありません。

 

悲しいこともあれば、嬉しいことも、ある。それが人生。それが世の中。

人は、人の気持ちの中で生きている。それを実感できたとき、ああ、生きている、と感じる。

 

衣笠さんの「忍耐」という言葉を忘れずに、今日からも頑張ります!


←前日の日記2018年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー