おすすめ

今日のにっこりひまわり

相撲場と仕置場〔5949〕2019/07/30

相撲場と仕置場

2019年7月30日(火)晴れ

暑い夏の日が続きます。嬉しいね、暑い夏は。

昨日も走って帰りました。ずうっと、ではなくて、予め潮見台ニュータウンのてっぺんに、僕の愛車ベージュの折りたたみ号を置いておき、そこまで走ってそこから自転車帰宅。暑いですきんね。

で、今朝は自転車で出勤。

道路が濡れてます。昨夜、降ったみたい。そう言えば、2回ほど、大きな雷さんが落ちて目が覚めた記憶は、ある。でも扇風機の首振りでぐっすり寝たので、雨の記憶はありません。よく寝ました。

 

さて。ここは、昨日走って帰った住吉野。こないだから美しい田んぼ風景をご紹介したりしてる、同じ場所ね。ここばっかりですみません。

以前、船岡山の住吉神社のこと書いた際、江戸時代には奉納相撲が盛んで、大祭の奉納相撲は藩主も観に来たほどの有名なものであった、てなことご紹介してます。それは平凡社の「高知県の地名」にも書かれてる記事なのであるが、角川書店「高知県地名大辞典」には、もっと詳しいこと、書いてました。さすが、角川。

 

それによりますれば。

「船岡山の南向かいにある向山の山裾には広さ2反余の住吉神社相撲場があった。旧暦9月13日の同社大祭には藩主微行観覧の慣しがあり、相撲場西方高段巨岩を背にした上覧席跡が名残をとどめる。同場から少し東へ離れた飛地には、相撲に関する喧嘩口論者を処罰する仕置場が設けられており、今もその跡が残る。」

この「高知県地名大辞典」が出版されたのが昭和53年。僕が高校生の頃だ。その頃は、まだそんな風景だったのか。

 

今はその向山の山裾に高速道路が通ったりして、随分と変わってしまった。

この文章にある相撲場、どこなんだろうか。昨日の帰りがけも、今朝も、探索してみたけどわかりませんでした。目印になるのは「高段巨岩」だけども、ちょっと見当たらない。高速道路工事でなくなってしまったのだとしたら、残念ね。

昨夜は夕食時だったし、今朝はまだ5時。誰も歩いてなくて、尋ねることもできんかったので、いつか調べてみようと思いました。

 

ちなみに地理院地図で、上で表現された頃の航空写真を見てみると、こう。十字の場所から撮影してます。

船岡山の住吉神社さんの山道をまっすぐ延ばしてきたら、ここになるので、この界隈が相撲場候補地のひとつにはなると、想像しました。でも、違うかも知れません。

 

相撲大会には力自慢の荒くれ者が集まっただろうし、酒も入って賑やかだったろうから、喧嘩、乱闘は茶飯事やったんでしょうね。相撲場も気になるけど、昭和53年時点で存在したという「仕置場の跡」も、とても気になりました。

ああ。気になる。いつか、地元で聞き込みして、調べてみたい。自由研究のテーマですな。

 

今日も暑そう。雨上がりなので、湿度も高そう。熱中症に気をつけたいですね。熱中症予防には、牛乳。最近、それ、常識。牛乳飲んで熱中症に備えつつ、今日も張り切って仕事仕事。


←前日の日記2019年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー