1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

バイコヌール宇宙基地〔6701〕2021/08/20

バイコヌール宇宙基地

2021年8月20日(金)

 

コロナでどこにも行けないシリーズ。

僕が嘗て行ったことのある場所を、Googleマップで再訪してみよう、という、まあ、どうでもいいような企画ですが、今朝はバイコヌールにしてみました。

そう。もう、15年も前になってしまった。弊社の乳酸菌を、ロシアのソユーズに乗せて国際宇宙ステーションに打ち上げ、旅をしてきてもらったのは、もう、15年前。バイコヌール宇宙基地で見たロケットの打ち上げは、人生観変わるくらいの衝撃でした。

 

打ち上げの模様は、これ

バイコヌールは、カザフスタンの、アラル海の近くにある街。モスクワから、ボロく狭い飛行機で4時間くらいやったでしょうか。砂漠の真ん中の飛行場で、タラップ降りて建物まで、凸凹の路面を歩いて行くうちに、あまりに凸凹なのでスーツケースの小さな車輪が取れてしまったの、思い出しました。その飛行場は、たぶん、これだ。クライニー空港。こんな風景でしたもの。

で、泊まったのは、ゲストハウスみたいなこ綺麗な建物。早朝起き出して、真っ暗い中、近所を走ってきたけど、宇宙基地の近くなので、本当はウロウロせられんかったのかも知れません。基地から車が走ってきたので、急いで隠れたことでした。

 

こんな砂漠の真ん中みたいな所がロシアの、そして地球を代表する宇宙基地でした。

打ち上げたのは、たぶんここ。ロケットは鉄道で運ばれてました。ああ。もう15年も前のこと。

打ち上げ後、モスクワに帰り、クレムリンとか武器庫へ行きました。ソユーズが国際宇宙ステーションにドッキングするのを生中継で見たのは、モスクワのどこかの宇宙施設。

 

3月終わりのモスクワは、まだ氷点下。寒かった。

まだ小学生だったJr.1号は、たぶん、バイコヌール宇宙基地を訪れた最初で最後の日本人小学生だと思います。モスクワで、彼と二人で地下鉄に乗りまくったのも、楽しい記憶。地下鉄は地中の深い深いところを走ってて、一直線に降りていく長い長いエスカレーターが印象的でした。電車はボロかったけど、駅のつくりは、凝ってました。なんでも、地下鉄の駅が戦争になったときのシェルターになるんだそうで、なので深い深いところを走っていると、その時に聞きました。

 

もう、15年前か。

今も思い出す、バイコヌールの砂漠と、轟音を響かせながら真っ青な空へ吸い込まれてゆく、ロケット。

それは、この、ストリートビューのような風景だった。


←前日の日記2021年08月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter