おすすめ

今日のにっこりひまわり

雨の潮江天満宮、神池、八重桜〔1090〕2006/04/10

雨の潮江天満宮、神池、八重桜

2006年4月10日(月)雨

今日は朝から雨。明日にかけてかなり降るとの予報で、ちびっと残ったソメイヨシノもかなり散ってしまいそうですな。ソメイヨシノよりちっくと遅めに咲く桜が「八重桜」。ソメイヨシノは、まず花だけが豪華に咲いて、その後緑の葉っぱがでてきますが、この八重桜は葉っぱと花が同時。ここはいつもの潮江天満宮、神池の前ですが、雨に濡れる八重桜が美しゅうございます。

この池の畔には「幡竜宮」という祠がありまして、竜神様を祀っちょります。池には赤い鯉が泳ぎ、今の季節は小さな黒いオタマジャクシを見ることができます。運が良ければ大きな大きなヒキガエルも見れます。

潮江天満宮が、現在の場所に鎮座したのは、江戸時代が始まった頃。道真公のご長男高視公が、亡き父の遺品を祀ったのを始めとする潮江天満宮は、それまではこの池の東側、現在の真如寺の場所にあったそうです。山内一豊さんが遠州掛川からこの土佐の地へやって来た際、一緒に入国して山内家の菩提寺となったのが真如寺。現在の場所に創建されました。で、それまでそこに在った天満宮は、その西側の、竜神様を祀る神社の辺りへ遷座されたのであります。いや、どこで読んだがかは忘れましたが、確か、竜神様の場所へ天満宮がお遷りになったと記憶しちょります。間違うちょったらすびばせん。

とにかく、西へ遷って現在の姿の原型ができたのは間違いないです。

ひょっとすると、この池とその神様は、ずっと大昔から祀られてきたがかも知れません。今は、天神様の参道に、厳かなたたずまいを見せちょります。


←前日の日記2006年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー