1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

稲刈りの済んだ田んぼ〔2291〕2009/07/24

稲刈りの済んだ田んぼ

2009年7月24日(金)晴れちょります

このところ宴会つづきで、自転車通勤しやあせんかった間に、もう、早い田んぼでは稲刈りが済んじょりました。そう。高知では、もう稲刈りが始まっちゅうがです。ここは高知市の高須と介良の間。この界隈、一面に田んぼが広がる土佐の穀倉地帯ですけんど、もう、稲刈りシーズンになっちょります。

この田んぼの稲刈り跡からは早からヒコバエが出てきよりまして、刈ってからちょっと経っちゅうことが判ります。右手の田んぼは、まだもうちょっと。

向こうに見える富士山みたいな山は介良富士。富士山みたいでしょ?

で、富士山に浅間神社があるように、介良富士には朝峯神社がございます。いや、本当に浅間神社を勧請してきたがが朝峯神社ですきに、関係はあります。以前、このにっこりでもご紹介しました。朝峯神社の本殿の後ろの古い石段を上がっていくと、大きな岩があります。古くから女陰信仰の対象となった大岩。

女陰は命の源。ですきに、豊穣につながり、この神様に祈ると豊かな稔りが約束されるという訳です。

あの山の手前山裾を南へ行った界隈が、土佐の二期作発祥の地といわれちょります。そのしゅっと向こうが稲生の石灰山。藩政期後期、その技術の進歩で良質の石灰ができるようになり、田んぼの肥料として使えるようになってから、土佐の稲作が飛躍的に発展したらしい、てなお話をこないだしました。それがなかったら二期作もなかったかも知れません。豊穣の神様は、眼下に見える田んぼで二期作が生まれ、生産量が増える景色を眺めて嬉しかったでしょうね。

今朝も、あの美しい山の北麓を通って南国まで快走。この、高須から介良界隈は、かなり稲刈りが進んじょりましたが、今日通った南国市の田んぼでは、稲刈りが済んじゅう田んぼは、まだ少なかったです。けんど、もうまあ。


←前日の日記2009年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter