1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

海の王迎え、王無の浜、尊良親王〔2296〕2009/07/29

海の王迎え、王無の浜、尊良親王

2009年7月29日(水)晴れたり曇ったり

てな訳で、昨日から中村へ行っちょりました。四万十市中村。市役所の近くに、地元の名士とから好んで利用する、こんまいスナックがありました。ここへ行くと、中村では名の通ったおんちゃんとかに会えよったがですが、そのお店、とにかく異様に安かったです。スナックですけんど、1000円以上払うて帰った記憶がメッソありません。で、そのお店があった場所が、今、結構おいしゅうて安い居酒屋になっちょりました。おいしかったです。あの場所には、ずうっと縁がありそうです。

中村から今朝車で帰って来よりまして、ここ「王無浜」の前を通ったので、この碑をご紹介しましょう。

ここは、土佐くろしお鉄道の「海の王迎え(うみのおうむかえ)」という駅から下ってきた所。この駅名、なかなか素敵ですよね。なにやら深いストーリーがありそうでしょ?

あります。ストーリーが。ご存じでしょうか。

この前の浜に、今から677年前、1332年のことです。この浜に、後醍醐天皇の第一皇子、尊良親王が、船で到着して上陸したのであります。鎌倉幕府の北条氏に対して後醍醐天皇が兵を挙げた元弘の乱で、後醍醐天皇方は敗北、後醍醐天皇は隠岐へ、そして第一皇子の尊良親王は土佐の国、幡多へ流されたがやそうです。

ここで上陸した尊良さん、大平弾正さんに迎えられ、この近くの有井庄の庄司さんに守られて、有井川上の米原という所に仮御所を建てて住んだとか。

「わが庵は 土佐の山風さゆる夜に 軒もる月もかげこほるなり」とは、その頃に尊良親王さんが詠んだ歌。

1333年、後醍醐天皇は隠岐を脱出し、北条氏を倒して政権を握りました。尊良親王も京へ戻り、上将軍となりましたが、足利尊氏の反乱で、1337年にやられてしまいました。

この地、「海の王迎え」は、太平記のあの動乱の、ひとつの物語の舞台となったのであります。


←前日の日記2009年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter