1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

三角パックの謎〔266〕2004/01/07

三角パックの謎

2004年1月7日(水)またまた快晴

今朝もよう晴れました。早朝から南国工場へ来ちょります。写真は、午前5:30頃の200mlパックの充填ラインですね。2台の200mlパック充填機がフルに稼動しよります。

南国工場では、100アイテムを越える商品を毎日毎日製造しよります。詳しくは、このHPの商品案内をご覧頂ければわかりますが、この充填室では、この200mlパックの他、1000ml、500mlの紙パックと200mlのビン商品が詰められよります。

この200ml紙パックは、ブリック型と申しまして、長方形の箱形容器でございます。自動販売機なんかでよく見かけるやつです。この容器、仕組みを簡単に申せば、紙を筒状にした中へ牛乳などの液体を流し込み、途中を切断して四角く成型するものです。従いまして、容器の中に空気がまったく入りません。

昔、三角パックがあったのを覚えちょりますか?実は、あれが、このブリック型の先祖なのです。少し実験してみましょう。

お手元に紙(普通のもので構いません。例えばA4の紙)を準備して頂き、縦に長くなる様に丸めて筒を作ります。両端をテープで止めるとやりやすいですね。そして、上から2cmくらいのところを右手の人差し指と中指で、完全にぺったんこになるように挟みます。さあ、そのまま、その4cm程下の部分を、左手の人差し指と中指で、右手で挟んだのと直角になるように挟んで下さい。いかがです?

右手と左手の間に三角パックができちょりませんか?

スウェーデンで考案されたこの方法が一世を風靡し、世界中に広まったのが昭和40年頃でした。

なんであんな三角の形をしちょったがかお解り頂けましたか?理由がちゃんとあったんですね。

今のブリック型は、直角に挟まずに平行に挟んで切断し、箱形に成型したものです。くっついている部分をはがしていくと枕みたいな形になるでしょ?

こういった箱形への機械成型ができなかった時代は、直角にちょんぎるだけの三角パックでしたが、今は機械が進歩して、現在のような形になった訳です。

ちなみに、この直角に挟む方法を思いついたのは、スウェーデンの、この充填機メーカー創業者の奥さんだそうです。ちょっとしたことですが、天才ですね。


←前日の日記2004年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter