1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

旭町「米穀配給所」〔278〕2004/01/19

旭町「米穀配給所」

2004年1月19日(月)晴れ時々曇り

昨夜は高知市内雨が少し降りよりましたが、今は雲の向こうにお日様が顔を覗かせよります。日中は暖かくなりそうですね。

さて、今朝は鏡川を上流の方まで遡行、鏡川橋から電車通りを走って戻って来ました。土佐電鉄の路面電車は、高知市の西隣の吾川郡伊野町を出発して、枝川から朝倉を通り、鏡川橋を渡って本宮町へと走ってきます。ここから蛍橋、旭町を抜けると上町本町の、街の中心部へと入っていくのであります。

高知市西部の旭町は、市内では珍しい戦争で焼けなかった地域で、今でも狭い路地が縦横無尽に走るなか、歴史ある家が密集して建っております。そのなかを電車通りが走るのですが、上町や本町の片側3車線の広い通りではなく、この辺りは片側1.5車線で、ちくと狭いです。電車通り沿いには、昔ながらの商店が残っちょりまして、少し不思議な雰囲気ですね。写真は、旭町の電車通りにございますお米屋さんの「米穀配給所」の看板。ちょっと最近見た事ない看板ですよね。このお米屋さん、店先に昔から現代までの看板を出しちょりますので、長い年月のお米の歴史を鳥瞰することができます。

しかし、この界隈、道路の拡張計画が進みゆうらしゅうて、電車通り南側(このお米屋さんがある側ですね)は、既に数軒のお店や家が立ち退いちょりました。この看板も、近い将来見れんなるかも知れんですね。この辺をじっくりと探検して、写真に残せるもんは残いちょかないかんと、しみじみ思うた早朝でした。


←前日の日記2004年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter