おすすめ

今日のにっこりひまわり

地震後の羽田空港〔2907〕2011/04/01

地震後の羽田空港

2011年4月1日(金)晴れ!

今日から4月。震災後初めて、東京にやって来ました。

高知で生活しよりますと、震災の影響も、お店で入荷してない商品があるとかの限定されたものですが、やはり東日本へ来ると全然違います。ここは羽田空港。館内の照明も半分程度に抑えられ、動く歩道も、先っぽの方は節電で動きよりませんでした。空港ロビーは、利用客さんも少なく、いつもより薄暗く、営業してないレストランも多く、大震災後ということが実感されます。

同じニッポンに暮らす者として、燃料や水や物資の不足度合いが場所場所によって全然違うがは、なんとももどかしいですね。

関東の風景を見れば、西日本での生活も、もっと考えんといかんと思わされます。が、経済が冷え込んでも困るという現実もありますきに、ホントに難しいですね。

空港の照明が半分になり、利用客が少ないと、なんとなく羽田空港ではないみたいな、ローカル空港であるような、不思議な感覚。しかし、考えてみたら今までが明る過ぎたがかも知れません。北欧とかの飛行場、ロシアの飛行場とかは、羽田みたいに明るい照明ではありませんでした。フィンランドの北部にある小さな小さなローカル空港は、クリスマスシーズンには、ロウソクの灯りが中心でした。

こんな災害があると、いつもの生活が、ホントにそれでかまんがか、考えさせられます。灯り、燃料、食料、通信、交通などなど。つい数十年前まで、そんなものが無い生活が当たり前やったのに、今、なくなると大変な事になってしまう不便。

原発問題があからさまになってきた今、エネルギーの使い方も、本当に真剣に考えんといかんなってきました。農産物、海産物の大切さも、あらためてわかりました。

ニッポンは、復興するなかで、新しいニッポンに生まれ変わっていかんといかんがです。それが、やっとわかりました。復興するなかで、絶対に忘れたらいかん真実。


←前日の日記2011年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー