おすすめ

今日のにっこりひまわり

冬はココアだチョコ牛乳だ〔5361〕2017/12/19

冬はココアだチョコ牛乳だ

2017年12月19日(火)曇り

今朝起きたときの体感としては、昨日の朝ほどは冷やくはなかった。でも、雲が多いので、夜明けになっても気温があがらない。なんとなく、底冷えのするような朝。冬ですきんね。12月。

早朝の一仕事を終えて寛ぐ時間が、一日のうちで一番好きな時間かも知れません。寛いで、それからにっこりを一気に書く。至福の時間。寒々しい外の風景を眺めながら、熱いミルクココア。

 

今年の夏、アイスコーヒーとかリープルとかコーヒー牛乳とかを凍らせて、冷たいデザート作りをやったりしたの、覚えてます?

ひまわりのアイスコーヒーを小さめのダイスに凍らせ、それを冷たい牛乳に入れて飲む。最高でしたな。

で、冬もいろいろとやってみたい。この冬の間に、色んなものを温めて飲む、意外なおいしさ発見の旅に挑戦だ。

 

それを始める前に、まずは懐かしくもオーソドックスな冬の飲み物。ココア。

それも、森永。

まあ、ココアと言えばバンホーテン、かも知れませんけど、僕らにとっては、森永ミルクココア。子どもの頃に刷り込まれたこの感覚は、一生、忘れることはないと思う。ココアと言えばこの味。

作り方は、この袋の裏に書いてます。ココアパウダーと砂糖をカップに入れ、熱湯を少し入れてトロリと溶かす。そこに、熱く熱く沸かしたミルクをいれて、混ぜる。それだけ。

 

写真は、乳搾りをした日がわかる低温殺菌牛乳と森永純ココアでつくった、熱々のミルクココア。もうね。見るだけでね。温まるね。

左上端に窓の外の風景が見えてます。車はまっ白くカチバリつき、雲がたちこめた寒々しいモノトーン。真冬の風景。このコントラストが、良い。寒い寒い寒い寒い、そんなときに飲む熱い熱いココアが美味しいのは当たり前だ。

 

で、弊社にも、昔、チョコ牛乳というのがありました。200mlの瓶入りで。瓶の底にチョコが沈殿するので、飲む前によく振って飲む、チョコ牛乳。僕が入社した頃はまだあったので、昭和から平成に元号が変わる頃までは、あったと思います。

今でも、よく、あのチョコ牛乳を飲みたい、という有難いお声を頂戴する、伝説の商品、チョコ牛乳。

先週も、社内の企画会議でグループ討議をしてもらい、グループ毎に、こんな商品あったら良いな、という意見を出してもらいましたが、やはり出てくるのがチョコ牛乳。高知では、こんなにもチョコ牛乳が浸透していたのか、ということがよくわかります。

 

チョコ牛乳の復刻版を、やってみたい。やるなら、瓶で。昔のように、底にチョコを沈殿させて。

 

海外へ行くと、ミルクのフレーバーにチョコレートは当たり前。むしろ、日本のようなコーヒー味のミルクというのはほとんど見たこと、ない。コーヒー牛乳は、日本でガラパゴス的に進化した飲み物と言えましょう。

で、かつて、高知でガラパゴス的に親しまれていたのが、ひまわりチョコ牛乳。残念なことに、ガラパゴス的進化を遂げることなく、いつのまにか無くなってしまったチョコ牛乳。

そうそう。あのチョコ牛乳を瓶ごと湯煎して、温めて飲んだら美味しかった。それこそ森永ミルクココアよりも美味しかった。

 

そんな訳で、冬の朝。

チョコ牛乳のあの味が、身体の中から蘇る。う~ん。どうしよう。


←前日の日記2017年12月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー