おすすめ

今日のにっこりひまわり

大谷翔平曼荼羅チャート〔5472〕2018/04/09

大谷翔平曼荼羅チャート

2018年4月9日(月)良いお天気

寒さが少し戻ってきました。

今朝は、会社の、空いているPCで打ってます。スマホ打ちは、慣れません。もうやだ。でも、いつも使うのがMacなので、Windowsというのはこれはこれで、慣れません。人間、慣れで仕事しているんだな、と実感します。

 

慣れで仕事してないのが、大谷翔平くん。すごい。少なくとも今のところ、すごいですね。メジャーリーグで、投手として1勝した後、本拠地でバッターデビュー、3戦連続ホームラン。そしてついさっき、本拠地での先発投手デビュー、7回を被安打1の無失点、12奪三振だって。

僕は別に「ニッポンすごい」論に加担する気はないけど、大谷君はすごい。男前で、性格が抜群に良くて、この運動能力。持って生まれたものも無いとは言いません。でも、大谷君の場合、子供の頃からの目的意識が飛び抜けていたと言います。明確な将来のイメージを持ち、それに向かって何をすべきか自分で整理し、心得、実行してきた。だから、今がある。慣れで仕事してませんきに。

 

有名な、「大谷翔平曼荼羅チャート」、ご存じでしょうか。これ

彼が花巻東高校の1年生、つまり15才か16才の時に作成したという曼荼羅チャート。この時の彼の目標は、プロ野球ドラフト会議で自分を8球団が1位指名する、というもの。

その目標を達成するために磨かなければならないことを、8つ、その周囲に書く。その8つの課題を達成するための具体的行動を、それぞれの課題の周囲に書く。曼荼羅チャート。

高校一年生ですよ、こんなこと考えたの。やはり、飛び抜けている。

この後、彼の目標はメジャーリーグでの活躍と変化する。メジャー志望を強く表明したので、指名した球団は日ハムだけでしたが、そのメジャー入りの目標を達成し、そして華々しすぎるデビューを果たした大谷君。

彼の成功は、明確な目標と、それを実現する為の計画、実行にあった、ということ。

ああ。日々、仕事をしている僕たちに、反省と、前向きな決意を促す

願わくば、このままケガや故障をせず、成長していって貰いたい。ケガや故障で選手生命がおしゃかになった選手、たくさん見てきましたので。

 

おしゃかになる。昨日の日経新聞にも書いてましたね。

昔、鋳物職人が、火加減を間違えて失敗作ができてしまった。職人曰く「火が強かった」。でも江戸っ子だったので「シがつよかった」に聞こえ、しがつようか、になり4月8日となって、お釈迦様の誕生日ではないか、ということで、物事がダメになることを「おしゃかになる」と言うようになった。という、説。

ここで土佐人なら、ちゃがまるの語源は何だろう、と考えます。調べてみましたが、ちゃがまるの語源はわかりませんでした。

 

いずれにしても、大谷君、ちゃがまらんように成長し、伝説になっていって貰いたい。

僕らも若者に負けてはおられません。頑張らなくっちゃ。


←前日の日記2018年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー