おすすめ

今日のにっこりひまわり

地球と知恵と努力と〔6024〕2019/10/13

地球と知恵と努力と

2019年10月13日(日)台風一過

高知は台風一過。雲ひとつない秋空。でも、台風19号の被害は拡大しています。こんな時期にこんな巨大で強い台風がやってくる。トランプがどう言おうが、確かに人類は、地球が今まで経験したことのないような急激な変化を、この地球にもたらしているんだと思います。

 

今、千曲川の氾濫の様子をニュースでやってますが、みんな命だけは確保して欲しいですね。新幹線なんかは、また、作ったら良いし。

それにしても、ヘリコプターからの河川氾濫の映像、毎年見てます。九州だっり広島だったり愛媛だったり。今回は、千曲川だけではなくて、かなり広いエリアで河川氾濫が起きてます。そろそろ僕らも、僕らが住む星のこと、考えんと。

 

今朝は、舟入川沿いを走ってきました。写真は葛島橋の西詰、歩道橋の上から撮影したもの。鉄橋の向こう、葛島から朝日が昇る。

あの葛島。幾度も書いてきたけど、かつては古浦戸湾に浮かぶ小島で、周辺が陸地になり、人が住むようになってからは、大切な命山になりました。

かつて海だった周辺は、津波や洪水によって浸水します。その際、あの小山は避難タワーとなり、人々の命を守ってきた、そんな歴史。

 

1707年の宝永南海地震の際、土佐藩の役人、奥宮正明さんが、その被災状況を克明に記したのが谷陵記。こんなところで読むことできる、谷陵記。そこに記された、五台山から葛島にかけての被災状況を、今一度、転載します。

 

五台山  潮ハ山マデ 家ニモ

吸江   上ニ同ジ

八頭   潮ハ山マデ 家ハ軒ヲ浸シ冬ヲ終テ干落ザレバ 居民所ヲ失ヒ 山處穴居ノ有様 目モアテラレズ

桂島   上ニ同ジ

 

こんな感じ。桂島が葛島。みんな、あの小山へ避難した。

昭和21年の昭和南海地震の際にも、みんな、あの小山へ避難した。たぶん、次の南海地震でも、みんなあの小山へ避難するんだと思います。

昭和南海地震の時は、あの小山は個人の持ち物でした。地震後、地下水に海水が混じるようになって、この周辺の家々は、お水、使えんなってしまいました。しかし、あの葛島の井戸だけは、真水が湧き出る。そんなわけで、地震後しばらくの期間、みんな、葛島の真水をアテにした、という歴史があるそう。長期間、個人の山と井戸を使うのは憚られるし、もし断られたらそれまで。そこで、将来の災害時を見越して、地域住民79名が共同で葛島を買い取り、地域共有の避難所、飲料水確保場所としたのでありました。先人の、知恵と努力。

 

大自然の災害から身を守る。そんな知恵や努力は、過去からの積み重ね。そんな積み重ねをアッという間に押し流してしまう、昨今の自然。

人類は、これからも、大自然の脅威と折り合いをつけていかんといけません。だから、先人がそうしたように、もうちょっと知恵を使い、努力をせんといかんと、思う台風一過の朝。


←前日の日記2019年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー