おすすめ

今日のにっこりひまわり

上岡八幡宮の玉垣と寺田寅彦〔3215〕2012/02/03

上岡八幡宮の玉垣と寺田寅彦

2012年2月3日(金)快晴!冷やい!

おーの冷やい。昨日も冷やかったですけんど、今朝が間違いなくこの冬一番。会社の駐車場に停めちゃある車のフロントガラスは、全部、真っ白うにカチバリツイちょりました。シビコオリます。それでも、今朝は高知自動車道は通行止めになっちょりません。国道32号線がチェーン規制になっちゅうにも関わらず。弊社の大阪便も無事、行き抜けました。

さて、昨日は、「寺田寅彦・馬場孤蝶と土佐の文人たち」というテーマの講演をやりました。ホントに、なんとか、トラブルもなく終わって良かったです。真っ白い灰になってしまいました。
慣れないテーマですき、時間配分がキチンとできず、お話したかったのにお話できんかったこともどっしこ。まあ、仕方ないです。とにかく勉強にはなりましたですき。

その、話したかったけんどご紹介できんかったがの一つがこれ。ここは、今朝、氷点下3℃の野市、上岡八幡宮。参道から石段を上ったところの玉垣。たくさん並んだ玉垣のうち、端っこやコーナーにあるものがひと際大きく、ご寄進された金額も頭抜けて大きゅうなっちょります。その、コーナーの玉垣がこれで、「金百弐拾五円也 陸軍少将 川田明治」と刻まれちょります。

明治8年、物部川の対岸、三島村に生まれ、高知県尋常中学校から陸軍士官学校、陸軍大学校と進み、軍人になった人物。この玉垣を寄進した頃は陸軍少将で、たぶん関東軍の参謀長。その後、下関要塞司令官になって陸軍中将、昭和5年予備役。

何故、この川田明治さんの玉垣を昨日のお話でしたかったか。それは、寺田寅彦さんの日記に出てくるきです。
明治29年8月、寅彦さんは、熊本の第五高等学校に入学するべく、高知を出発しました。その時の日記。

やがて吾等が乗りし車は、昨日迄日々に行かひし公園の裏手も過ぎ、追手筋より蓮池町、種崎町などを経て汽船会社の前に止まりぬ。
切符買はれ端艇雇はれ、松が端も後に見て船は孕に向ひぬ。
昨日別役西森の諸君を送りし身も、今日は人々に見送らるる。げに世は常に之なるべし。
川田君も亦、此日出立するとて、共に土州丸に乗り組めば、其他の学友も既に来り居り・・・

そう。この、川田君というのが、この玉垣の川田明治さん。尋常中学校で一緒やったがでしょう。
そして船が神戸に着きました。そこで、

やがて人々追々見物に買物に出で行くにぞ、吾も川田君と共に楠公祠迄散歩し、帰路一盃の玉壷に腐腸を洗へり。
川田君外四五名は余等と別れて十一時宿を立ち、東京に向ひければ、残れる八名の熊本行の人々は・・・

神戸まで一緒に行った、尋常中学校の同級生は、ここで東京行きと熊本行きにわかれました。川田明治くんは、神戸から東京へ行って陸軍士官学校に入学することになっちょったがでしょう。寅彦くんはもちろん熊本五高へ進学し、そこで夏目漱石さんや田丸卓郎先生と巡り会うことになる訳です。

そんな、寅彦日記に出て来る人物がご寄進した玉垣が、ここ上岡八幡宮にあることに気付いたのはひまわり太郎だけやと思います。こんなことが、歴史に臨場感を与えてくれ、楽しゅうなってくるのでありました。


←前日の日記2012年02月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー