1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

新改駅のスイッチバック〔508〕2004/09/05

新改駅のスイッチバック

2004年9月5日(日)晴れ

今日は久し振りにひまわり太郎Jr.1号2号と一緒に汽車に乗ってきました。JR四国の高知駅から普通列車に乗りまして、新改駅(しんがいえき)までの区間です。

ここ新改駅は、高知駅から数えますと9つ目ですからそれ程遠くないのでありますが、ものすごい山の中にある駅でございます。高知市や南国市などが広がる香長平野(かちょうへいや)から四国山脈へ突入した、最初の峠の山中にある駅なんです。ここはスイッチバックの駅としても有名なんです。

文章ではうまく説明できんのですが、とにかく、急勾配の上り坂の途中に駅があるので、そんな上り坂でも無理無く発進できるように工夫されたのがスイッチバックながです。線路がX字形になっちょります。写真の汽車は、ひまわり太郎たちが高知から乗って来た各駅停車。前方右方向が高知方面。右手前の線路の更に手前に駅のプラットホームがございます。高松方面へ向かうのに、一旦バックして本線の上にある引き込み線に入り、再び高松へ向かって発車するのであります。こんな説明で解りました?解らんかったらすびばせん。

この駅の周囲には、本当に何にもありません。徒歩で山道を15分程下りますと、平山という集落へ出ます。ここには小さな小学校もありますが、ダム湖の畔の美しい村です。

よくもまあこんな山の中に駅を作ったもんですね。こんまい駅舎の片隅には、利用客の一人がノートを置いちょりまして、この駅を利用するヒトが時々書き込んじょります。これを読んでみますと、この駅へわざわざやって来て、この不思議に穏やかな自然のなかで時間を過ごし、癒されて帰って行く方も結構いらっしゃるようです。なんか、えいですね。


←前日の日記2004年09月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter