おすすめ

今日のにっこりひまわり

大雨被害からの復興〔5578〕2018/07/24

大雨被害からの復興

2018年7月24日(火)炎暑

今日も、暑い。命に関わる暑さ、と、ニュースで繰り返し連呼されるのが当たり前になってきました。そんな炎暑の中、大雨被害の復旧作業は続きます。

 

今日は、愛媛県の、弊社販売店さんに訪問させて頂いてます。被災のお見舞い。今回の豪雨で、愛媛県内では5店の弊社牛乳販売店さんが被災されました。うち、3店では、いまだに断水。水が出ません。役場とか道の駅とかに給水場が設けられ、お風呂も無料で入ったりできるようにはなりました。しかし、やはり不便極まりない生活が、炎暑の中、続いています。

4店では、牛乳配達が可能となり、既に仕事を再開されてます。片付けとかをやりながらなので、本当に大変ですが。

そして未だ牛乳配達を再開できていない販売店さんも、1店あります。法華津湾に面した深浦という地区に所在する、販売店さん。

 

吉田町の被害は、かなり大きい。市街地のメインストリートはかなりの浸水で、殆どのお店が営業再開できていません。避難所生活を強いられている方も、多い。旧役場の横に、自衛隊の仮設のお風呂「熊の湯」が設営され、給水所も設けられています。大量のゴミが積み上げられ、まだ、土が残る町。そこから峠を越えて海の方へ出ると法華津湾。

湾を取り囲む山々に目をやると、あちこちで土砂崩れ。まさしく「爪痕」という感じで、たくさんの崖崩れが痛々しい風景。

 

深浦への道は、土砂に埋まって通るのが大変だったようですが、今は土砂は取り除かれて車で行けるようになってます。集落前の少しひらけた土地。そこを、撮影したのがこの写真。

そう。ここにも、自衛隊の皆さんによってお風呂が設営されていました。このテントの中が、お風呂。今は準備中で、夕方になると入れるようになるんだと思います。

この奥に住んでられる、その販売店さんの話だと、ここで作業しているのは北海道の部隊なんだそうです。ご苦労様です。この西側にテントがいくつか並び、そこで寝泊まりされているということでした。炎暑の中、ご苦労様です。

 

今、日本列島は猛暑の話題でもちきり。ですが、そんなニュースの陰で大雨被害の復興は、まだまだ続く。手を付けることもできない場所も、たくさんあります。そして広い地域での長引く断水は、復旧作業の大きな障害にもなっています。

 

「こんなことになるとは夢にも思わんかった。」

これが、皆さんが口にされる言葉。それでも、頑張って、歯を食いしばって頑張っておられます。今、僕らにできることは何か。それを考えながら、帰って来ました。


←前日の日記2018年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー