おすすめ

今日のにっこりひまわり

「あの頃」が良かったのかどうかはわからないけど、ちょっと羨ましい〔5791〕2019/02/22

「あの頃」が良かったのかどうかはわからないけど、ちょっと羨ましい

2019年2月22日(金)薄曇り

今日の高知新聞。真ん中くらい。文化とかを紹介するページに「高知にマッチがあった頃」という連載が昨日から始まってます。今日で2回目。

恥ずかしながら、今朝のは、僕が書きました。とは言え、突然頼まれて書いたのはもう随分前なので、すっかり忘れてた。そうそう。書いた書いた。

 

ひまわり文庫1月の新刊でご紹介した「マッチと街」。サブタイトルが「マッチがあった頃、高知の街はずっと元気であった」。

昔、純喫茶や居酒屋、食堂には、かならずお店オリジナルのマッチがありました。そんなマッチを収集していた人が居て、そんなコレクションを、そのお店や街の風景とともに紹介した本。こういうセンス、好きです。収集されたマッチは1950年から1990年のものだと言います。すごい。

 

本の帯にはこんなこと書いてある。

「あの頃が良かったのかどうかはわからないけど、ちょっと羨ましい。」

 

あの頃の、なんとも表現のし難いエネルギーを思い出す。純喫茶。音楽喫茶。居酒屋。カクテルバー。ジャズバー。スタンド。スナック。ラウンジ。キャバレー。

マッチとともに、あの、今のような便利なツールはなくても活気、元気、エネルギーに満ちてた高知の街を思い出す。この帯の最後にはこうある。

「街は、今よりもずっと濃かったのです。」

 

そんな濃かった街のマッチとともに、そのお店や風景を紹介する連載の最初が、葉牡丹。そう。このにっこりでは幾度紹介したかわからない、僕や酪農家さんや皆んなが愛してやまない、葉牡丹。どういう訳か、僕が葉牡丹を愛していることを知った編集者さんが、突然電話をかけてきたのでありました。去年のこと。もう随分前だ。

とは言え、そんなに時間をかける訳には参らんので、去年、短時間で一気に書いたものです。このにっこりひまわりを書くような感じで。いや、お恥ずかしい。勢いだけで書いた文章になってしまった。

この表題「僕らの酒文化の源泉」は、編集者のTさんがつけてくれたタイトル。

マッチで紹介されている他のお店と違って、葉牡丹は、その昭和の活気、元気、匂いをそのままに、今も営業しているお店なので、ノスタルジックな内容にはなってません。

 

ともあれ、すっかり忘れてたけど、お暇な方だけお読みください。

さあ。僕はといえば、仕事仕事。


←前日の日記2019年02月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー