おすすめ

今日のにっこりひまわり

五台山でぞんぞん〔5994〕2019/09/13

五台山でぞんぞん

2019年9月13日(金)小雨

まさかの小雨。

天気予報見てなかったので、雨が降るとは思うてませんでしたね。思ってましたか?

昨日も走って帰宅。昨夜はですね、帰りがけに五台山を駆け上がりました。標高140m。なかなか苦し心地よい、高低差RUN。で、今朝は自転車出勤なのですが、小雨。そんなに暑くもなくて、身体を小雨で洗い流しながらの出勤は、心地よいね。

 

ここは青柳橋西詰。青柳橋の向こうに五台山。今はもう一本だけになったテレビ塔が、ちょっと寂しい。地デジになって、テレビ塔ではなくなってるけど。

 

昨夜は暗くなってから、五台山南側の車道を駆け上がりました。一方通行の逆走ね。

五台山、幾度も幾度も、いろんな角度から書いてきました。古くは大島という浦戸湾内最大の島で、信仰の島として、信仰の山として、古来より親しまれてきました。

筆山ほどではないけど、山中にはお墓がたくさん。古い古いお墓も、あります。伊達兵部さんの墓所みたいに、立派なお墓も多い。そんな山中を、夜、走る。

実は、五台山の車道って、街灯がないの、知ってますか?

そう。月が出てなかったら、結構真っ暗。木々が覆いかぶさってるような場所は、真っ暗なトンネルみたい。その、暗い森の中から浮かび上がる、たくさんの暮石。

そう。夜の五台山は、結構、ゾンゾンします。僕はそういったものにとてもとても鈍感なんですが、五台山は、なんかぞんぞん。

 

ゾンゾン。ぞんぞん。これってみんな、使いますよね。土佐弁なのかどうなのか。県外の方も、ぞんぞんするんだろうか。

そこでGoogle検索を見てみると、ぞんぞんするのは、土佐のひと。鳥取ではぞんぞがはしる、などという表現もあるみたいですが、ぞんぞんは、しません。

 

「五台山を真夜中に走ると、なんか、ぞんぞんする。何か居るちや。山中のあちこちに。」

 

つまり、まあ、寒気がする、みたいな意味ね。

そして、僕の好きな「大言海」を調べてみました。

 

ぞんぞんはないけど、ありました。ぞんぞ。

「ぞんぞ」は、古来日本で使われてきた、由緒ある言葉なのでありました。

 

ぞん-ぞ(副)

寒気グチ、又ハ、恐怖タル時ニ云フ語。ゾクゾク。

源氏冷泉節(正徳近松作)「御頭痛ノ気味有ッテ、ぞんぞト、寒気ナドハ参ラヌカ。」

 

なるほど。大槻先生は、やはり近松が大好きなんですね。

 

ぞんぞんは土佐弁だけども、ぞんぞは古くからの標準語だったのか。ただ、大言海にちゃんと掲載されてるとは言え、今も「ぞんぞ」が標準的に使われてるのかどうかは、知りません。

 

小雨に濡れて、自転車出勤。会社に着いたら、ちゃんと身体を拭いて、着替えます。そうしちょかんと、風邪ひいたりしますきんね。

風邪ひいたら、ぞんぞん。


←前日の日記2019年09月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー