1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

お疲れ様でした〔6212〕2020/04/18

お疲れ様でした

2020年4月18日(土)晴れ

昨夜は降りましたが、夜明けとともに晴れ上がった、高知。あたり一面、春の色。

そしてコロナの状況は益々深刻の度が増しており、高校の同級生が東京で開院してる内科クリニックでも、遂に、患者さんの中から感染者がでた、とのこと。大変です。

そんな世の中、そんな社会状況だけども、それはそれとして世の中は動く。動いていきますね。

 

今朝の新聞に、衝撃的で、そしてある程度予想はしてた記事が、載ってました。豊ノ島引退。

ああ。豊ノ島関引退ではなくて、豊ノ島引退。あれだけ幕内上位の土俵を沸かせたナイスガイも、幾度もの怪我と体力の衰えには勝てず、遂に引退を決意されたのでした。残念だけど、仕方ない。本当にお疲れ様でした。そして、長年楽しませてくれたことに、感謝申し上げたいと思う。ありがとう!

 

豊ノ島は36歳。プロの相撲取りとしては、かなりの高齢。2002年1月に初土俵というから、このにっこりを始める1年前。つまり、18年間、プロの土俵で頑張ってきた訳だ。

 

このにっこりで初めて豊ノ島のこと書いたのは、2007年4月のこと。もう、13年前になります。小兵ながら、持ち前の運動神経、運動能力の高さでどんどんと番付を上げていき、三役に手が届くとこまできてた、2007年4月のこと。

もちろん相撲も素晴らしいけど、当時、ブログとかを見て、人間としての素晴らしさを確信したので、いっぺんにファンになりました。その直感は、間違っていなかった。

それから、2008年8月2009年3月2010年1月2010,年9月、と、このにっこりで豊ノ島関に触れてます。よっぽど好きなんですね。そして2011年2月。大相撲野球賭博問題に関与した、とされた事件の最中にも、豊ノ島関を応援してますねー。謹慎全休で十両に陥落したけど、その場所と、その次の場所がすごかった。

十両優勝で圧倒的な実力を見せつけると、翌場所は幕内の優勝にからむ大活躍。白鵬との優勝決定戦には敗れたけど、豊ノ島の「不屈の闘志」「精神力」を見せてくれましたね。こんなふうに単語にすると安っぽいけど、とにかく豊ノ島はすごいのだ。

 

でも、本当にすごかったのは、ここから。

長く幕内上位で活躍したけど、2016年7月、稽古中にアキレス腱断裂。11月まで休場して、幕下まで陥落した、豊ノ島。

その頃、このにっこりで、豊ノ島のこと、書いてます。そして豊ノ島は、十両復帰著前まで頑張るも、また怪我が悪化して、負け越す。

 

普通なら。

ここで諦めてしまう。だって、幕内で十分に活躍したし、もう、結構な年だし、その人格や頭の回転の良さで、引退しても、親方や解説者として、まったく困らんだろうと思われたから。僕らも、引退やむなし、と思った

 

でも、彼は諦めない。

そして遂に十両復帰。涙がでました。

そして去年、なんと幕内まで帰ってきた、豊ノ島関。

 

度重なる怪我と体力の衰えの中、ここまで頑張った、豊ノ島。

そして限界を迎え、今年になって幕下陥落。ここで、みんな、さすがに今度こそ、引退やむなし、と思った。思いました。でも、小さい娘さんの応援もあって、まだ頑張るんですね、豊ノ島は。更に頑張って幕下で相撲を取るも、昨日、遂に引退を発表したのでありました。

 

いや、このダラダラした文章で、僕がいかに僕が豊ノ島を尊敬してるのか、おわかり頂けたのではないだろうか。思いが強すぎて、こんな文章になっちゃいました。ああ。

 

皆さんには、今一度、ここに書いたエピソードを読んでもらいたい。

 

この人格。お人柄。能力。頭の良さ。

 

これからの益々のご活躍を確信してます。

本当にお疲れ様でした。


←前日の日記2020年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter