1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

「こうちワイド」の椿山〔6475〕2021/01/06

「こうちワイド」の椿山

2021年1月6日(水)晴れ!

最後に椿山へ行ったのは、いつやったろう。椿山。つばやま。

池川から伊予街道を北上し、途中から右へ折れて狭いクネクネ道路を上がっていくと、山の斜面にへばりつくように、集落が現れます。こんな感じで。ストリートビューでも、見れます

にっこりひまわりを検索してみました。2017年1月19日ですね。今から4年前。その時、椿山の常在人口は1人で、その「1人」であるおばあちゃんに会って、話をしてきました。いろんな貴重なお話を聞くことができて、嬉しかったこと、覚えてます。

 

その後も、幾度か椿山のことを思い出し、あのおばあちゃんはまだ暮らしているんだろうか、と、思いを馳せておりました。

 

今朝の高知新聞「こうちワイド」面。

高知新聞は、昨年末に夕刊が休止となり、そのかわりに朝刊に「こうちワイド」というページができました。今まで夕刊で取り上げていたような記事を継承するもの。今まで社会面だった、ラテ欄をめくったところの読みやすいページが、「こうちワイド」。

写真は今朝の「こうちワイド」ページで、その真ん中に「中内さん住民いない古里に」「椿山に生まれてよかった」という見出し。

そう。あの、4年前にお会いして、お話を伺ったおばあちゃんは、2019年、椿山を出て高齢者施設へ入られた、と、この記事に書いてあります。そして常在人口は、ゼロに。

 

かつて焼畑で有名だった、小学校もあった、平家の落人伝説に彩られた集落、椿山から住民が居なくなったのでした。

ところが。

昨年、椿山出身で高知市で暮らす中内さんが、定年退職を機に、住民票を椿山に移して、愛犬と一緒に暮らすようにした、という記事に、大きく紙面が割かれております。椿山を消滅させる訳にはいかん、という古里愛。 よかったよかった。中内さんが作った、とても質の良いハチミツを「とさのさと」で売ってるらしいので、買ってみなくっちゃ。

 

椿山。つばやま。これからどうなるのかは、誰にもわからない。しかし、あのおばあちゃんも言うてたけど、週末になると出身者が畑仕事などに戻って来るし、神社の例祭や太鼓踊りの奉納は、欠かさず続けているとのこと。

4年前に書いた、おばあちゃんからの聞き書きはとても貴重なものになりました。しかし、これからも、こうやって、椿山を愛する出身者が椿山を守っていくんだと思う。

自動運転とかドローンとかAIとか、これからのIT技術は、こういったところで活用してもらいたいねー。

 

「こうちワイド」欄、なかなかの、Good Job。


←前日の日記2021年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter