おすすめ

今日のにっこりひまわり

天神橋の親柱、鏡川〔698〕2005/03/14

天神橋の親柱、鏡川

2005年3月14日(月)これ以上ない快晴ですな

今朝は素晴らしい快晴。抜けるような青空が広がっちょります。最低気温は1℃と冷え込みましたが、おかげで空気も透き通り、見事な朝になりました。

ここは天神大橋南詰。朝日がビルに反射してきれいですな。現在の大きな赤い橋は昭和61年に架けられたものでありますが、ここには藩政期から、数々の橋が架けられてきました。写真の「天神橋」と刻まれた丸い柱は、大正14年に架けられた橋の親柱だそうです。その橋の袂にあった紋を復元したものが左にあります。天神様だけあって梅の紋ですね。

「鏡川」とこの川が呼ばれだしたのは、土佐藩五代藩主山内豊房公の時代らしいですね。

文人藩主豊房公は、土佐の山川草木151種類に風雅な名前を付けましたが、そのなかに「鏡川」というのが出て来ます。それまでは、「潮江川」とか「南川」とか呼ばれよったみたいです。藩政期初期には、この上流で現在の江ノ口川とこの潮江川に分れ、江ノ口川の方がずっと大きな川やったそうですね。それで現在も残る地名が「大川筋」。

鏡川と命名されたのは豊房公の元禄時代でありますが、「鏡川」という名称は、一般には使われやあせんかったみたいです。もっぱら文人によって使われよったのが「鏡川」という名前。庶民は、相変わらず「潮江川」とか、もっと上流の現紅葉橋界隈では「雁切川」とか呼びよったがですね。

明治時代も、中頃まではその呼び名で地図に記載され、明治後半になってやっと「鏡川」という名称が地図に出て来るそうです。最近ですね、結構。


←前日の日記2005年03月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー